ホワイト∞メビウスの花

地球意識と宇宙意識の融合と一体化  ~水の神様への感謝と祈り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-05-19 [ Fri ]
山水治夫さんのアカシックより



このブログを始めた時と今では、

瀬織津姫の認知度は全く違っています。


山水治夫さんの一年を通して全国行脚、書籍やCDのリリース、

トークライブを通じ、広く世の中に知れ渡ってきているのを感じています。

一年365日瀬織津姫を億念し、瀬織津姫と共にあるからこそできることだと思います。


山水治夫さんは、あるトークライブで仰っておりましたが、

「みんな瀬織津姫なんだよ。瀬織津姫が一般人に広く知れ渡ってほしい・・・」

瀬織津姫は宇宙の水の神であり、

わたしたちの身体の70%が水でできている以上、

誰一人として瀬織津姫の関係ない人はいないとも仰っていました。


悟りには段階があります。


何かの切っ掛けで自分が何者か“深く”わかってしまった場合、


有頂天になり浮かれ得意になって道を外してしまうのか、

一時舞い上がったとしても、本来の神聖を取り戻し、
より一層謙虚に誠実に素直に生きていけるかを問われることでしょう。

それも人生の勉強でもあるのかもしれません。


瀬織津姫はすべてをみています。

すべて知った上で地球上の“ひとりひとり”を見ているのです。

瀬織津姫は平等です。

上も下も横も縦もなく、同じ愛があるだけです。


ただ、相互の信頼の度合いどれだけ“全託”できるか、瀬織津姫のまなざしが人を見てます。

そして最良な時に、最良なタイミングで存在を示してくれるのです。



~この情報は山水治夫氏の光のアカシックから得た情報となります~
(光のアカシックの一部情報は瀬織津姫大神様(水球体維持神)
共有アカシックでも閲覧が可能です)






スポンサーサイト
2017-05-18 [ Thu ]
現在、瀬織津姫とスサノオの音がシンクロを始めています。

アカシックレコードをひも解くと、

スサノオは、地球創生の時代より地球調律神としての役割も担っていました。

わたしたちが所属する宇宙空間は、銀河、惑星がひしめき合って、

お互いに共鳴しながら宇宙空間をある一定の方向に向かって移動し、

数億年後には、次なる宇宙空間へとワープしていきます。


宇宙には惑星ごとの特有の音があり、

“第一音”を奏でたのが、地球創生時に調律神ともいわれたスサノオでもあります。



山水治夫さんは調律師でもあり、全国1700社(2017年5月現在)の神社を行脚し、

霊的な調律を行っています。



その光景は、、、数百億年前の宇宙創成時に地球調律神と呼ばれたスサノオのアカシックヴィジョンの姿と重なります。

山水治夫さんと、スサノオ神、、、

何かしらの共鳴やご縁があっての行動なのではないでしょうか。


スサノオは女神性と男神性の両極を持ち合わせている神でもあります。


時には力強く、時には軽快に、時には繊細に....

地球の時代の移り変わりで何回か生まれ変わり、


時代に合った調律神としての役割を果たしていったのだと思われます。



初代スサノオの地球調律は不協和音から始まりました。

これは「ニギハヤヒ・シ♭」山水治夫著 ナチュラルスピリット者刊」

にて素戔嗚の“音”がシ♭であることが表しています。


地球の音は現在、不協和音を含む調和への道に進んでいます。





~この情報は山水治夫氏の光のアカシックから得た情報となります~
(光のアカシックの一部情報は瀬織津姫大神様(水球体維持神)
共有アカシックでも閲覧が可能です)


2014-09-22 [ Mon ]
山水氏の曲に“出航”というピアノ曲があります。

この“出航”は宇宙空間から地球に旅立つ
すべての魂へ向けた 愛の曲だと感じています。
この曲を聴くと宇宙空間にいるような感覚になります。

シリウスBの宇宙語を翻訳する中で、
ピアノ曲と同じ“出航”という言葉が出てきています。
(“出航”For Maria Magdalene 山水治夫/スターシアレコード)


以前山水治夫氏の正式参拝時に、
降りてきたシリウスBの宇宙語をお送り致します。

始まりの22秒間はシリウスの共通語である一般的なシリウス語です。
シリウスB語は23秒ごろから始まります。

なお、シリウスBの宇宙語を日本語に翻訳させて
頂きましたのでご参考下さい。


シリウスb∞宇宙語


【シリウスB語 ⇒ 日本語翻訳】

<23秒後より>
「かつてシリウスBの成層圏内に小爆発が起こり、
現在のシリウスAと呼ばれる惑星は“第8宇宙領域”
という宇宙空間から転写され現在のシリウスAが誕生しました。

その小爆発が起った時に、暗黒ホールが発生し、
シリウスBの惑星体系が“光”と“闇”の両極に分かれることに
なります。

闇の領域は、
第8宇宙領域の魂の流れを持つ高次元の方々に委ねられ、
暗黒領域を宇宙法に則り管理していく事になります。

シリウスB闇領域から地球転生の人数が少ないのは
第8宇宙領域の中でも高次元な魂ルートを持つため、
様々な取り決めがあり、転生制限を受けているためです。

また、かつてシリウスBに発生した暗黒ホールを通過し、
地球に飛来した波動が荒めの御霊の方々が
シリウスB出身と騙る事もございました。


シリウスBの方が地球に転生される場合、
光と闇の両極のバランスの取れた強い魂
として地球に生まれます。

惑星 シリウスBを出航し、直接地球へと向かいます。

シリウスBから どこかほかの惑星を経由し、
地球に転生するルートを辿るのはごく少数になります。

その少数の中には、シリウスBの中でも
光領域の御霊の方は他の惑星を経由し地球に
転生されていることもあります。


シリウスB、特に闇領域から地球に転生する際は、
地球生活の安全確保のため魂の情報は白紙にされ、
さらにセキュリティがかけられます。

そのためシリウスB闇領域から転生される方の
アカシック情報は読み取りにくい性質があり、

時が満ちる前にリーディングを行った際は、
セキュリティー装置が作動し、
全く別の転生記録をリーダーに提供する現象も起こります。

これはシリウスB出身者とアカシックレコードリーダー
双方を守るために起こる現象でもあります。


そして、磐長姫様(=瀬織津姫大神様)のお働きとして、
暗黒ホール関連の闇領域の祓いをする魂として地球に
転生してきています。

陰と陽、表と裏、
瀬織津姫大神様の陰と裏のお働きを担う魂として、
地球転生を果たしますが、地球という制限がかかった
中での作業は大変なものでもあります。

地球でのお役割は、その任務の特性から
大変困難な部分も持ち合わせていますが、

闇に精通し、闇の美しさやそうでない部分
すべてを心得ているため、
ある階層の祓い浄めをすることに秀でています。


シリウスBを出航した時の志と、
それを見送ったシリウスBとシリウスAの御霊たち

シリウスBの真実の姿を思い出す時が来ています...

そして瀬織津姫大神の“シ♭”として
シリウスB星は重要な存在でもあります。 」


※シ♭とは「セオリツ姫シ♭」(山水治夫著 ナチュラルスピリット出版)
に由来しています。

シリウスbと磐長姫様についての記事
http://seoritsuhime.blog.fc2.com/blog-entry-56.html



~この情報は山水治夫氏の光のアカシックから得た情報となります~
(光のアカシックの一部情報は瀬織津姫大神様(水球体維持神)
共有アカシックでも閲覧が可能です)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
2014-09-09 [ Tue ]
磐長姫様については諸説ありますが、

かつてシリウスBの闇暗黒を統べる女神は磐長姫様でした。

「セオリツ姫シ♭」(山水治夫著 ナチュラルスピリット出版)では
“シ♭” の段に磐長姫様の事が書かれてあります。

磐長姫様 

こちらの女神さまも瀬織津姫大神様の

分け御霊であり、

宇宙ではシリウスBを守る「暗黒の女神」とも呼ばれていました。


シリウスBは太古より、
第8宇宙領域に存在する暗黒空間に繋がるメビウスホールが
存在しており、その出入り口を完全に塞ぐことは難しい
とされていました。

この暗黒の出入り口は
宇宙空間の小爆発が起こった際に開通しており、

通常は暗黒領域の出入り口に結界が張られ、
塞がれていますが、

常に攻防状態にあり、
防ぎきれず 危うい状況にもなっています。

あまりの暗黒さ故に、
並大抵の女神様では、このシリウスBを統べる事は
難しいとされ、

ここを守る女神様は、
暗黒に通じるシリウスの神磐戸を死守し、

四方八方をどのような闇・暗黒空間で覆われようが、
闇に光る一輪の花であり続ける聖なる強さが必要でもあります。

瀬織津姫様が祓い浄めの大神様でもあるように、
その御分霊の磐長姫様もまた、
暗黒領域を祓い清めに 浄めまくった女神様です。

惑星シリウスBの領域全てが暗黒空間と言うわけではなく、
一部の領域がその様な空間でした。

またシリウスBの暗黒空間の中心部には、
第8宇宙領域に繋がる光のレイラインが螺旋状に
引かれており、

その光のレイラインを利用するには
暗黒空間に耐えうる魂が必要だったようです。

このようにシリウスBは、
闇の中に光があり、光の中に闇がある 

陰陽対極 

宇宙の鏡のような惑星でもありました。

宇宙の吟遊詩人(宇宙空間を旅するトラベラー)が、
“ シリウスBでは 甘露の 雨が降る ”
と歌っていますが、甘露とは甘い水です。

山水氏も北海道で、
大勢の同行者の方たちと
天から「ポタ ポタ」と甘露が降ってきた体験をされています。
これは書籍にも書かれていることですが、

「空間が陰陽極まると
このような甘露が降ってくるのかもしれない.. 」

とも仰っておりました。


諸説の中に “磐長姫様は酷く醜い” とあるようですが、
実際はとても美しく可憐な女神様であり、
暗黒をダキマイラセル強かさも持っているようです。

「セオリツ姫シ♭」の中で“シ♭”は磐長姫様の段であり、
また“シ♭”には様々なエッセンスが含まれていますが、
(詳しくは書籍をご覧になっていただければと思います)


“シ♭”=シリウス♭

ともとれるような気がしています。


そして、地球の時間軸にして、
磐長姫様はシリウスBの前には、
別の宇宙の領域のいらした女神様です。





~この情報は山水治夫氏の光のアカシックから得た情報となります~
(光のアカシックの一部情報は瀬織津姫大神様(水球体維持神)
共有アカシックでも閲覧が可能です)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
2014-08-30 [ Sat ]
去年、山水氏の宮島 厳島神社正式参拝に参加した際、
厳島神社から帰りの新幹線に乗って最寄駅に着く間、

ずっと肉眼で見る空間のすべてがセオリツピンク(マゼンダピンク)に
彩られ、まるで異次元にいるような経験をしました。


山水氏が後の講演会で仰っていましたが、

厳島神社の正式参拝では、太鼓の音が三回なったその瞬間に、
拝殿の神鏡の左上から濃厚な柑橘系の甘い香りが力強く降ってきました。
多くの方がこの神香に気付かれていたようです。

これまで、
カメラを通して姫カラー(マゼンダピンク)が映ることはありましたが、
肉眼で観る景色がずっと姫カラーというのは初めてでした。

これは瀬織津姫大神様の神気に触れさせていただいた
からだと感じます。


そして別の正式参拝の際にも、
山水氏が瀬織津姫大神様に玉串を捧げた瞬間、
拝殿から風が「サァー」 と吹き抜けたと同時に、
次のようなメッセージが降りてきました。

「宇宙の水に命が宿り魂になります
全ての生命は水があることによって誕生します」

この時 すべての魂(=人)は瀬織津姫大神様を宿していて、
魂全霊でそれを理解することで、生き方も変わってくるのではないか、
と感じた瞬間です。


山水氏の瀬織津姫大神様に触れると、
一気に高次元に引き上げられる心地よさに、魂が歓喜するのですが、
同時に、強く心に刻み付けいることもあります。

それは このような素晴らしい体験を幾度と体験させていただいても、
初心を忘れず、決して慢心することなく、謙虚で崇高な心を保ち続ける
事ができているか、、です。

このような瀬織津姫大神様の奇跡のような体験は
決して当たり前ではなく、

そこに山水氏が存在するから起こる事と、心から感じています。


また、山水氏の正式参拝や講演会等に参加した時した際、
窓を閉め切っている車の空間から、

突然甘い百合の香り、綿菓子の香り、濃厚なお花の香りが
降りてくる事を5回以上体感させていただきました。

もちろん自分以外にも多くの方がこのような体験をしています。

そのたびに瀬織津姫大神様に対する
熱い気持ちが込み上げてきます。ただただ感謝するばかりです。



「地に足をつけて三次元という現実をしっかりと生き、
人として常識的な行動をとることが大切なこと…」

これは山水氏が講演会や懇親会などでよくお話される事です。
現実社会では調律師をして、

一方現時点では1300社以上の瀬織津姫様の神社を
自分の足で一社一社参拝してきた方の言葉には重みがあります。


宇宙神 瀬織津姫大神様と繋がりながら、
一方で、現実社会をしっかり生きる事が出来たら
どんなに素晴らしいことでしょうか。

宇宙意識に目覚め、
現実社会との意識格差を感じつつも

自分なりの折り合いを付けて、
楽しく実直な生活する事で得られる事は数多くあります。


********
話は変わり、
現実社会とスピリチュアルな世界を一瞬で「パッ パッ」と
切り替えるスキルを身に着けると楽に生きることができます。

これは意識的な訓練で身に着ける技術になります。

この切り替えを瞬時に行う事で、
現実社会と普段のスピリチュアル生活の
急激な周波数の高低差による魂の疲弊が少なくなります。


エネルギーに敏感すぎて影響を受けやすく、
鈍感になりたくてもなれない方は、
正しい指導の下、
第一チャクラから第三チャクラを練る(鍛錬)ことが有効手段の一つです。

自分自身を中心軸に据え、
むしろ相手(想念エネルギー)を遠心力でブンブン振り回し、
呼吸と同時にエネルギーの円運動で不要なエネルギーだけを
振り落す技術を身に付ければ楽になる場合があります。

また、俗世の地球生活(想念社会)になれているご指導霊様に、
メインサポートに入っていただき、巫女体質のような、
敏感さを緩和していただく方法なども有ります。

快適に過ごす為に自分なりの方法を見つけることも、
鍛錬の一環だと思います。





~この情報は山水治夫氏の光のアカシックから得た情報となります~
(光のアカシックの一部情報は瀬織津姫大神様(水球体維持神)
共有アカシックでも閲覧が可能です)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


 | ホーム |  »

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

ビュラ・パート

Author:ビュラ・パート

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。