ホワイト∞メビウスの花

地球意識と宇宙意識の融合と一体化  ~水の神様への感謝と祈り~

2013-10-11 [ Fri ]
10月19日(土)武蔵国一宮である小野神社にて、
山水治夫氏の正式参拝が行われます。
http://love.ap.teacup.com/f000401/2152.html

勿論ご祭神は瀬織津姫大神様です。

山水氏は講演などで
“この神社を自分の原点の一つでもある”と仰っています。

全国の神社参拝達成後に行う正式参拝が、
山水氏の原点の一つである“小野神社”というのも、
さすが瀬織津姫大神様のような気がします。


当日は初メジャーピアノ・ソロアルバム
「For Maria Magdalene (フォア マリア マグダレーネ)」
を先行発売されるそうです。

マグダラのマリア以外にも
既にピアノリサイタルでは披露されている
素晴らしい曲が詰まった一枚です。


マグダラのマリアは瀬織津姫大神様の御分霊でもあります。

山水氏は実際
マグダラのマリア終焉の地と呼ばれているフランス・アルルの洞窟を訪れ、
瀬織津姫大神様のエネルギーを繋いできました。


マグダラのマリアは、

肉体をもって降臨した瀬織津姫様と同様に

権力者に隠され、迫害を受けた聖女の一人です。

ここ数千年の歴史の中では聖女でさえ迫害を受けていたのです。



どちらかの“性”が優位になるという時代は終わろうとしています。

これまで地球上で女性を経験した

すべての魂に聴いて欲しい曲の一つが

山水治夫氏の「マグダラのマリア」です。



この「マグダラのマリア」という曲は、

全ての女性性を経験した魂(=いわゆる地球上の全ての魂)の

鎮魂歌であり、様々な“想い”を浄化する曲のような気がします。



地球は新たなる時代へと向かっています。

重い想いは全て浄化し、

潔く手放す時期に来ているのではないでしょうか。



どちらに進みたいかは自分自身の選択になりますが、

楽(らく)なのは、

楽しく神様と繋がり 

神と一体となって喜びと幸せを体感できるような

明るい方向だと感じています。







~この情報は山水治夫氏の光のアカシックから得た情報となります~
(光のアカシックの一部情報は瀬織津姫大神様(水球体維持神)
共有アカシックでも閲覧が可能です)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
2013-10-07 [ Mon ]
今年は例年より少し早めに
八百万の神々が 出雲に集結されていました。


9月27日頃からお集まりになられ、
10月3日には全ての神様が集結されています。


そして、山水氏の神社達成ツアーの方々が
出雲大社を参拝されたのは10月4日になります。

この出雲における神事は、
地球・太陽系・銀河系のエネルギーラインを調整する、
非常に重要な意味がありました。


6月に山水氏の奴奈川姫ツアーが開催されてましたが、

特に越国の奴奈川姫エネルギーラインから出雲へエネルギーを

繋げることはとても難しい作業のひとつになります。

(奴奈川姫様については以前の記事でお話しました。)
http://seoritsuhime.blog.fc2.com/blog-entry-40.html


奴奈川姫ラインから出雲ライン上には

地球にとって とても重要なボルテックスポイントと呼ばれる

地下聖地が存在しています。


これまで それらのボルテックスは稼働待ちの状態になっていました。



出雲と越国は太古から神縁のある場所でしたが、

様々な事情があって、相容れなくなってしまった経緯があります。


そのエネルギーラインを結ぶわけですから、

天上界での様々な話し合いや、八百万の神々の合意が必要になってきます。


この神事は

現世では 山水氏及びご参加する方々のエネルギーを通じて行われ

神世では 宇宙の根源エネルギーである瀬織津姫大神様立ち会いのもと

執り行われたようです



そして 出雲の地にて八百万の神々の合意の下、

奴奈川⇔出雲にエネルギーラインが開通しました。



同時に 陰陽(女性性・男性性スサノヲ)2つの

“スサノヲ エネルギー”が解き放たれ、

この地球上に女神スサノヲが復活したのです。




~女神スサノヲの神和歌(メッセージ)~


天と世の
8∞8(八十八)戸の
開きなり
かみいずもへと
つづくみちかな


【現代日本語訳】
少しずつ 絶妙なタイミングで

様々なエネルギーが解き放たれています

9月27日より

地球のエネルギーに変化がありました

宇宙の入り口である空間が開き

太陽系は新たなる宇宙の軌道に乗りました


自分に正直に生きる事

純粋で素直な心を持ち続ける強き意志があるものは

神と一体となる喜びを得られるでしょう




~この情報は山水治夫氏の光のアカシックから得た情報となります~
(光のアカシックの一部情報は瀬織津姫大神様(水球体維持神)
共有アカシックでも閲覧が可能です)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村







2013-10-06 [ Sun ]
10月 出雲は神在月になります

出雲大社にも祓社があり

祓戸四神として瀬織津姫様が鎮座しています



スサノヲとは

「宇宙では母性を司る螺旋状の生命(DNA)の集合体」であり

スサノヲはもともと 瀬織津姫大神様の“お働き”の一部になります。


女神スサノヲについては前にブログでお話させて頂きました。
http://seoritsuhime.blog.fc2.com/blog-entry-38.html


素戔嗚は人名になりますが、

「スサノヲ」の音源は女神スサノヲからもたらされた言葉であり、

素戔嗚様の本来のエネルギーは女神のエネルギーになります。


これまで隠されてきた本来のスサノヲ(=女神性)と
瀬織津姫大神様との関係性がやっと世の中に知られる時期になりました。



大祓祝詞に出てくる速佐須良比賣とは、

瀬織津姫大神様の働きの「名称」であり、

速佐須良比賣とは =女神スサノヲになります。



そして大祓祝詞の中にある「根の国・底の国」とは、

宇宙の核と呼ばれる無次元亜空間であり、


速佐須良比賣(=女神スサノヲ)は、

宇宙の無次元亜空間と万物のDNAを繋ぐ螺旋の光のパイプ(臍の緒)を司り、

生命を宇宙の根源に還す過程の役割を担っています。

(※無次元亜空間とは宇宙の根源にある宇宙維持空間の一部)



人が根の国・底の国に還るには

瀬織津姫大神様の禊祓いを100%終える必要があります。


ですので瀬織津姫大神様は「祓い清める」ために

人の内面にくすぶる嫉妬などの穢れを浮き彫りにする働きを

されているのです。



10月3日に山水氏が瀬織津姫を祀る全国の神社参拝が達成されました。



山水氏の全国の神社参拝では

“根の国底の国”と“地球”を結ぶ螺旋の光のパイプを開通させるお役目も

担っておられたようです。



今回山水氏が瀬織津姫大神様が関係する

神社参拝を達成されたということで

これら一連の情報開示が可能となりました。






~この情報は山水治夫氏の光のアカシックから得た情報となります~
(光のアカシックの一部情報は瀬織津姫大神様(水球体維持神)
共有アカシックでも閲覧が可能です)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 | ホーム | 

2013-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

ビュラ・パート

Author:ビュラ・パート

最新記事

最新コメント