ホワイト∞メビウスの花

地球意識と宇宙意識の融合と一体化  ~水の神様への感謝と祈り~

2014-09-22 [ Mon ]
山水氏の曲に“出航”というピアノ曲があります。

この“出航”は宇宙空間から地球に旅立つ
すべての魂へ向けた 愛の曲だと感じています。
この曲を聴くと宇宙空間にいるような感覚になります。

シリウスBの宇宙語を翻訳する中で、
ピアノ曲と同じ“出航”という言葉が出てきています。
(“出航”For Maria Magdalene 山水治夫/スターシアレコード)


以前山水治夫氏の正式参拝時に、
降りてきたシリウスBの宇宙語をお送り致します。

始まりの22秒間はシリウスの共通語である一般的なシリウス語です。
シリウスB語は23秒ごろから始まります。

なお、シリウスBの宇宙語を日本語に翻訳させて
頂きましたのでご参考下さい。


シリウスb∞宇宙語


【シリウスB語 ⇒ 日本語翻訳】

<23秒後より>
「かつてシリウスBの成層圏内に小爆発が起こり、
現在のシリウスAと呼ばれる惑星は“第8宇宙領域”
という宇宙空間から転写され現在のシリウスAが誕生しました。

その小爆発が起った時に、暗黒ホールが発生し、
シリウスBの惑星体系が“光”と“闇”の両極に分かれることに
なります。

闇の領域は、
第8宇宙領域の魂の流れを持つ高次元の方々に委ねられ、
暗黒領域を宇宙法に則り管理していく事になります。

シリウスB闇領域から地球転生の人数が少ないのは
第8宇宙領域の中でも高次元な魂ルートを持つため、
様々な取り決めがあり、転生制限を受けているためです。

また、かつてシリウスBに発生した暗黒ホールを通過し、
地球に飛来した波動が荒めの御霊の方々が
シリウスB出身と騙る事もございました。


シリウスBの方が地球に転生される場合、
光と闇の両極のバランスの取れた強い魂
として地球に生まれます。

惑星 シリウスBを出航し、直接地球へと向かいます。

シリウスBから どこかほかの惑星を経由し、
地球に転生するルートを辿るのはごく少数になります。

その少数の中には、シリウスBの中でも
光領域の御霊の方は他の惑星を経由し地球に
転生されていることもあります。


シリウスB、特に闇領域から地球に転生する際は、
地球生活の安全確保のため魂の情報は白紙にされ、
さらにセキュリティがかけられます。

そのためシリウスB闇領域から転生される方の
アカシック情報は読み取りにくい性質があり、

時が満ちる前にリーディングを行った際は、
セキュリティー装置が作動し、
全く別の転生記録をリーダーに提供する現象も起こります。

これはシリウスB出身者とアカシックレコードリーダー
双方を守るために起こる現象でもあります。


そして、磐長姫様(=瀬織津姫大神様)のお働きとして、
暗黒ホール関連の闇領域の祓いをする魂として地球に
転生してきています。

陰と陽、表と裏、
瀬織津姫大神様の陰と裏のお働きを担う魂として、
地球転生を果たしますが、地球という制限がかかった
中での作業は大変なものでもあります。

地球でのお役割は、その任務の特性から
大変困難な部分も持ち合わせていますが、

闇に精通し、闇の美しさやそうでない部分
すべてを心得ているため、
ある階層の祓い浄めをすることに秀でています。


シリウスBを出航した時の志と、
それを見送ったシリウスBとシリウスAの御霊たち

シリウスBの真実の姿を思い出す時が来ています...

そして瀬織津姫大神の“シ♭”として
シリウスB星は重要な存在でもあります。 」


※シ♭とは「セオリツ姫シ♭」(山水治夫著 ナチュラルスピリット出版)
に由来しています。

シリウスbと磐長姫様についての記事
http://seoritsuhime.blog.fc2.com/blog-entry-56.html



~この情報は山水治夫氏の光のアカシックから得た情報となります~
(光のアカシックの一部情報は瀬織津姫大神様(水球体維持神)
共有アカシックでも閲覧が可能です)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2014-09-09 [ Tue ]
磐長姫様については諸説ありますが、

かつてシリウスBの闇暗黒を統べる女神は磐長姫様でした。

「セオリツ姫シ♭」(山水治夫著 ナチュラルスピリット出版)では
“シ♭” の段に磐長姫様の事が書かれてあります。

磐長姫様 

こちらの女神さまも瀬織津姫大神様の

分け御霊であり、

宇宙ではシリウスBを守る「暗黒の女神」とも呼ばれていました。


シリウスBは太古より、
第8宇宙領域に存在する暗黒空間に繋がるメビウスホールが
存在しており、その出入り口を完全に塞ぐことは難しい
とされていました。

この暗黒の出入り口は
宇宙空間の小爆発が起こった際に開通しており、

通常は暗黒領域の出入り口に結界が張られ、
塞がれていますが、

常に攻防状態にあり、
防ぎきれず 危うい状況にもなっています。

あまりの暗黒さ故に、
並大抵の女神様では、このシリウスBを統べる事は
難しいとされ、

ここを守る女神様は、
暗黒に通じるシリウスの神磐戸を死守し、

四方八方をどのような闇・暗黒空間で覆われようが、
闇に光る一輪の花であり続ける聖なる強さが必要でもあります。

瀬織津姫様が祓い浄めの大神様でもあるように、
その御分霊の磐長姫様もまた、
暗黒領域を祓い清めに 浄めまくった女神様です。

惑星シリウスBの領域全てが暗黒空間と言うわけではなく、
一部の領域がその様な空間でした。

またシリウスBの暗黒空間の中心部には、
第8宇宙領域に繋がる光のレイラインが螺旋状に
引かれており、

その光のレイラインを利用するには
暗黒空間に耐えうる魂が必要だったようです。

このようにシリウスBは、
闇の中に光があり、光の中に闇がある 

陰陽対極 

宇宙の鏡のような惑星でもありました。

宇宙の吟遊詩人(宇宙空間を旅するトラベラー)が、
“ シリウスBでは 甘露の 雨が降る ”
と歌っていますが、甘露とは甘い水です。

山水氏も北海道で、
大勢の同行者の方たちと
天から「ポタ ポタ」と甘露が降ってきた体験をされています。
これは書籍にも書かれていることですが、

「空間が陰陽極まると
このような甘露が降ってくるのかもしれない.. 」

とも仰っておりました。


諸説の中に “磐長姫様は酷く醜い” とあるようですが、
実際はとても美しく可憐な女神様であり、
暗黒をダキマイラセル強かさも持っているようです。

「セオリツ姫シ♭」の中で“シ♭”は磐長姫様の段であり、
また“シ♭”には様々なエッセンスが含まれていますが、
(詳しくは書籍をご覧になっていただければと思います)


“シ♭”=シリウス♭

ともとれるような気がしています。


そして、地球の時間軸にして、
磐長姫様はシリウスBの前には、
別の宇宙の領域のいらした女神様です。





~この情報は山水治夫氏の光のアカシックから得た情報となります~
(光のアカシックの一部情報は瀬織津姫大神様(水球体維持神)
共有アカシックでも閲覧が可能です)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 | ホーム | 

2014-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

ビュラ・パート

Author:ビュラ・パート

最新記事

最新コメント