ホワイト∞メビウスの花

地球意識と宇宙意識の融合と一体化  ~水の神様への感謝と祈り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-01-21 [ Tue ]
山水治夫氏著書
『セオリツ姫・シ♭』の‘磐長姫’の段に
高龍神(たかおかみ)の事が書かれています。

闇龍神と高龍神は同一神と呼ばれていて、
磐長姫は高龍神でもあるそうです。


このページを呼んでいた時、
たまたま「奴奈川姫」の曲が流れ始め、
奴奈川姫様の神音により

何かが“カチッ”と
まるでスイッチが入ったように
繋がった気がしました。


“奴奈川姫は闇龍神(くらおかみ)である…”


宇宙では奴奈川姫と磐長姫は半身(ツインソウル)であり、
同じ惑星から、約567億年前に同時期に地球に来ています。

彼女たちは陰陽・光闇・表裏という関係の同一神。


そして彼女たちが闇龍神・高龍神に御名を変えても
地球での役割、神力は変わらず、

連携を取りながら地球を維持し、
この惑星に必要な“循環”という働きを
567億年に渡って担ってきた神々でもあるのです。

瀬織津姫大神様の封印と共に
奴奈川姫様と磐長姫様の存在も封印され、
忘れ去られ、名前を書き換えられていきました。

この封印と同時に.. 時代は
“地球=神”

ということが忘れ去れ、
人々の所有物となってゆく方向に
進んでいくことになります。


567億年の月日をかけ
奴奈川姫様(闇龗神)と磐長姫様(高龍神)が
“循環”し育んできた地球の資源を、

僅か数千年で使い果たそうとしています。

地球はある一定の資源以下になると、
地球維持機能が発動し、

地殻が大きく揺れてしまう性質を持っています。
新しい資源を作り出すために..


「奴奈川姫」という曲は、
567億年の神音が詰まった旋律を備えているのです。


~この情報は山水治夫氏の光のアカシックから得た情報となります~
(光のアカシックの一部情報は瀬織津姫大神様(水球体維持神)
共有アカシックでも閲覧が可能です)



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

 | ホーム | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

ビュラ・パート

Author:ビュラ・パート

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。