ホワイト∞メビウスの花

地球意識と宇宙意識の融合と一体化  ~水の神様への感謝と祈り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-08-24 [ Sun ]
2014年4月27日に
奈良県は大神神社で 山水治夫氏の正式参拝が行われました。

諸説あるようですが、大神神社のご祭神が大物主大神様とされています。

三輪山地域について山水氏のアカシックレコードを紐解かせていただくと、
アカシックヴィジョンと同時に古代歌がおりてきます。

みわのしろ(三輪の 白=水)
まいわきたちて(舞湧きたちて)
かぐわしき(香しき)
かみいでまして(神出でまして)
めがみとしるぞ(女神と知るぞ)

数万年前、ある銀河の神々があの土地(磁場)に、
ある鉱物と共に降り立ち、時が満ちたときにその装置が
作動するように設定されてます。

その「ある鉱物」は地球上の数か所に点在していて、
時が来た際に地球上に聖幾何学の紋章を作り出す事になっています。

その発動の鍵となるのが、「香りの倍音」です。

山水氏は以前 「音の倍音」 の講座を開催されましたが、
宇宙では “神香” という特殊な「香りの倍音」がりますので、

その香りが一致したときに、ある鉱物とのクリスタルコードと合致する
算段になっているようです。

“神の香り”と言うのは次元によって周波数のようなものが
異なりますので嘘偽りができません。

神香 は真実を語りますので 神聖なる香りと一致する方が
赴かなければ、その神門は開かれない事になります。

三輪山も例外ではなく、初めにあの地に降り立った女神の香り、
すなわち瀬織津姫大神様の香りの鍵が必要だっとのだと感じます。

4月27日の山水氏の正式参拝もそのような神次元の必要性が
あったのではないでしょうか。

そして、色眼鏡を外し、
純粋に山水氏のアカシックレコードを紐解くと、
何度確認しても 大物主様の根源 は“女神性”として映し出されます。

大物主様の根源 = 瀬織津姫大神様 という答えが返ってきます。


山水氏が1000社を超える神社に行き、
重要ポイントである土地にいくのは一般の目線では観えない次元の
事柄を行っており、その中で感じ得たことで、

人には話していないし、
話せない 大事 なことも多くあるのではないでしょうか。

山水氏のアカシックを紐解かせていただくと
いつもそのようにふと感じています。



~この情報は山水治夫氏の光のアカシックから得た情報となります~
(光のアカシックの一部情報は瀬織津姫大神様(水球体維持神)
共有アカシックでも閲覧が可能です)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

 | ホーム | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

ビュラ・パート

Author:ビュラ・パート

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。