ホワイト∞メビウスの花

地球意識と宇宙意識の融合と一体化  ~水の神様への感謝と祈り~

2014-08-30 [ Sat ]
去年、山水氏の宮島 厳島神社正式参拝に参加した際、
厳島神社から帰りの新幹線に乗って最寄駅に着く間、

ずっと肉眼で見る空間のすべてがセオリツピンク(マゼンダピンク)に
彩られ、まるで異次元にいるような経験をしました。


山水氏が後の講演会で仰っていましたが、

厳島神社の正式参拝では、太鼓の音が三回なったその瞬間に、
拝殿の神鏡の左上から濃厚な柑橘系の甘い香りが力強く降ってきました。
多くの方がこの神香に気付かれていたようです。

これまで、
カメラを通して姫カラー(マゼンダピンク)が映ることはありましたが、
肉眼で観る景色がずっと姫カラーというのは初めてでした。

これは瀬織津姫大神様の神気に触れさせていただいた
からだと感じます。


そして別の正式参拝の際にも、
山水氏が瀬織津姫大神様に玉串を捧げた瞬間、
拝殿から風が「サァー」 と吹き抜けたと同時に、
次のようなメッセージが降りてきました。

「宇宙の水に命が宿り魂になります
全ての生命は水があることによって誕生します」

この時 すべての魂(=人)は瀬織津姫大神様を宿していて、
魂全霊でそれを理解することで、生き方も変わってくるのではないか、
と感じた瞬間です。


山水氏の瀬織津姫大神様に触れると、
一気に高次元に引き上げられる心地よさに、魂が歓喜するのですが、
同時に、強く心に刻み付けいることもあります。

それは このような素晴らしい体験を幾度と体験させていただいても、
初心を忘れず、決して慢心することなく、謙虚で崇高な心を保ち続ける
事ができているか、、です。

このような瀬織津姫大神様の奇跡のような体験は
決して当たり前ではなく、

そこに山水氏が存在するから起こる事と、心から感じています。


また、山水氏の正式参拝や講演会等に参加した時した際、
窓を閉め切っている車の空間から、

突然甘い百合の香り、綿菓子の香り、濃厚なお花の香りが
降りてくる事を5回以上体感させていただきました。

もちろん自分以外にも多くの方がこのような体験をしています。

そのたびに瀬織津姫大神様に対する
熱い気持ちが込み上げてきます。ただただ感謝するばかりです。



「地に足をつけて三次元という現実をしっかりと生き、
人として常識的な行動をとることが大切なこと…」

これは山水氏が講演会や懇親会などでよくお話される事です。
現実社会では調律師をして、

一方現時点では1300社以上の瀬織津姫様の神社を
自分の足で一社一社参拝してきた方の言葉には重みがあります。


宇宙神 瀬織津姫大神様と繋がりながら、
一方で、現実社会をしっかり生きる事が出来たら
どんなに素晴らしいことでしょうか。

宇宙意識に目覚め、
現実社会との意識格差を感じつつも

自分なりの折り合いを付けて、
楽しく実直な生活する事で得られる事は数多くあります。


********
話は変わり、
現実社会とスピリチュアルな世界を一瞬で「パッ パッ」と
切り替えるスキルを身に着けると楽に生きることができます。

これは意識的な訓練で身に着ける技術になります。

この切り替えを瞬時に行う事で、
現実社会と普段のスピリチュアル生活の
急激な周波数の高低差による魂の疲弊が少なくなります。


エネルギーに敏感すぎて影響を受けやすく、
鈍感になりたくてもなれない方は、
正しい指導の下、
第一チャクラから第三チャクラを練る(鍛錬)ことが有効手段の一つです。

自分自身を中心軸に据え、
むしろ相手(想念エネルギー)を遠心力でブンブン振り回し、
呼吸と同時にエネルギーの円運動で不要なエネルギーだけを
振り落す技術を身に付ければ楽になる場合があります。

また、俗世の地球生活(想念社会)になれているご指導霊様に、
メインサポートに入っていただき、巫女体質のような、
敏感さを緩和していただく方法なども有ります。

快適に過ごす為に自分なりの方法を見つけることも、
鍛錬の一環だと思います。





~この情報は山水治夫氏の光のアカシックから得た情報となります~
(光のアカシックの一部情報は瀬織津姫大神様(水球体維持神)
共有アカシックでも閲覧が可能です)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

 | ホーム | 

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

ビュラ・パート

Author:ビュラ・パート

最新記事

最新コメント